どどどど読書会っとは?

自分の好きな小説や、気になる小説を、みんなで読んで、hokkoriカフェでシェア。

 小説が好きな人、興味がある人、読書家ではないけれど本を読んでみたい人、などなど。そんな人たちでほっこり集い、読書会をおこなっています。課題本を一冊決めて、次回参加する日までに課題本を読み、その内容について当日集ったメンバーで語り合います。小説が苦手な人も、みんなでシェアすることで読むことが楽しくなったり、あまり好きじゃない物語も、語り合うことで味わい深くなったり。視点の違い、価値観の違い、また共感できることなどを楽しみながらのんびりやっております。ファシリテーターは、武庫川女子大教授、山本欣司さんです。

 

 

 



どどどど読書会っメンバー募集中です。参加者のみなさまが作ってくださる温かな、のんびりした雰囲気がとても心地よい、素敵な場となっております。ぜひ気軽に遊びにきてください。学生さんも大歓迎です。感じ方、視線がみんな違うことがとても刺激的であり、それを受け入れる器となっている場が、物語を深めてくれていることを毎回感じております。(=人=) KIKU

 


どどどど読書会っ、のための準備・参加方法

 

持ち物: 

〇課題本、〇筆記用具 〇気になった点やシェアしたい内容などメモ(必要な方のみ)

 ※メモをとるためのノートや紙を持参される方もいます。

 

準 備:

〇当日まず最初に、①感想、②疑問点を聞かれますので読んでみての感想、疑問に

 思ったことなどを考えてきてください。(無理なく、特に感想などなかったときはそれでもOK)

 

課題本の選択について: 

〇次回までに読んでくる課題本の選択は、毎回みなさんでおすすめの本を持参します。

 みんなにこれ読んでほしい!という作品がありましたら1~2、3冊選んでご持参ください。

 その中から1冊をみなさんで相談し、選んで次回までに読んできます。

 (今回オススメする本がない、というのでも大丈夫です。誰か一冊でも持ってこられていたら成り立つよう、

  負担のないよう 考えられたルールです)

 

〇課題本は小説(ファンタジーOK)

 ※私たちの生活、生きていく中で感じるような問い、謎、ひっかかりが物語にあるとシェアしやすいです。

 

〇短編や長編は選択しないことになっています。

 ※また詳細は参加されたときにご説明させていただきます。

 

一回だけ参加でも大丈夫です。興味がある、課題本の小説が好き、どんな理由でもお気軽に

ご参加ください。

              


次回は。。。。『海と毒薬』遠藤周作(新潮社)

 

 

 

 

 

戦争末期の恐るべき出来事――九州の大学付属病院における米軍捕虜の生体解剖事件を小説化、著者の念頭から絶えて離れることのない問い「日本人とはいかなる人間か」を追究する。解剖に参加した者は単なる異常者だったのか? どんな倫理的真空がこのような残虐行為に駆りたてたのか? 神なき日本人の“罪の意識"の不在の無気味さを描き、今なお背筋を凍らせる問題作。 (amazonより)

 

 

 



 ◆日  時: 2017年6月4日(日)13:30start

 ◆会 場:大阪市周辺で調整中

       (会場についての詳細はお問合せください。)

 ◆課題本:『 海と毒薬』(新潮社)

      遠藤周作         

 ◆参加費: 1000円(+飲食代)

        ※初めての方、学生の方も大歓迎です。

          ご縁を感じてくださった方はぜひ。
 世話人: KIKU
 ◆定  員: 10名くらい
 ◆問い合わせ・参加申込み:ultrapj@hotmail.co.jp
  ※タイトルに『読書会参加申込み』とご記入、
   ①氏名、②TEL、③mailアドレス、をお知らせ
   ください。HPのお問い合わせフォームかでも
   申込み可能です。
   ※mailはエラーとなり返ってくる場合があます。
    その場合は恐れ入りますが、ムページの
    問合せフォームから、ご連をお願いいたします。

 

 

 

ファシリテーター:

山本欣司(武庫川女子大教授)

 



どどどど読書会っブログ

 「どどどど読書会っ」で開催された内容の報告などは、ブログに掲載されててます。

→ http://ameblo.jp/dodododo1016/


どどどど読書会っで読まれた書籍

 

第 1回(2011年12月 4日): 『雪国』 川端康成

 

第 2回(2012年 2月 5日): 『ニッポニアニッポン』 阿部和重

 

第 3回(2012年 4月 8日): 『猫と庄造と二人のおんな』 谷崎潤一郎

 

第 4回(2012年 6月24日):『角』 ヒキタクニオ

 

第 5回(2012年 10月7日):『泥の河』 宮本輝

 

第 6回(2012年12月23日):『ゆれる』 西川美和

 

 

第 7回(2013年 2月17日):『村田エフェンディ滞土録』 梨木香歩

 

第 8回(2013年 4月 7日):『この世は二人組ではできあがらない』 山崎ナオコーラ

 

第 9回(2013年 6月23日):『かもめのジョナサン』 リチャード・バック

 

第10回(2013年 8月25日):『斜陽』 太宰治

 

第11回(2013年10月13日):『死亡フラグが立ちました!』 七尾与史

 

  

第12回(2014年 1月12日):『通天閣』 西加奈子

 

第13回(2014年 3月 9日):『想像ラジオ』 いとうせいこう

 

第14回(2014年 5月18日):『こころ』 夏目漱石

 

第15回(2014年 8月 3日):『夏の終り』  瀬戸内寂聴

 

第16回(2014年12月28日):『深い河』 遠藤周作

 

 

 第17回(2015年 3月 8日):『センセイの鞄』 川上弘美

 

第18回(2015年 6月14日):『はつ恋』 ツルゲーネフ

 

第19回(2015年 10月04日):『猛スピードで母は』 長嶋有

 

 

第20回(2016年   1月31日):『地獄変』 芥川龍之介

 

第21回(2016年   4月17日):『きらきらひかる』 江國香織

 

第21回(2016年   7月10日):『春琴抄』 谷崎潤一郎

 

第22回(2016年 10月30日):『八日目の蝉』 角田光代

 

第23回(2017年 2月 5日):『キャッチャー・イン・ザ・ライ』 J.Dサリンジャー