6/15は、レッドマリア上映会。ありがとうございました!

「レッドマリア」上映会にご参加いただいたみなさま、
応援いただいたみなさま、ありがとうございました。
みなさまから頂く応援がとても心丈夫です。

 

私がこの映画を観るのは3度目でした。
観るたびに味わいが深まってきています。
上映後のティータイム・シェアでさらに深まります。

それぞれが同じように心打たれていながら、心打たれる場面が少しずつ違っていたり

考えたり感じたりすることも違っていて、それがまた新鮮で、刺激的で
この映画を味わう醍醐味なのかもしれません。

 

とても苦しいこと、辛いこと、悔しいことが浮き彫りになる
疑問に思うこと、不思議に思うこと、力強さや優しさを感じること
考えの違い、暮らし方の違い、環境や状況の違い、
それぞれ違っているのに何かふとした瞬間につながっている。

女であるがゆえの生きづらさ、そこから連帯したり、支え合ったり
「どこにでもあるような日常」が映し出され
最後には、そのつながりの深さや豊かさを思い知らされる。

 

映画を見終わったあとに言葉にするのは、
いろんな思いが交錯する。

そのような中でも大切なシェアをありがとうございました。

お話をシェアしながら、その言葉の向こうにある
わたしたち、ひとりひとりの人生の重みを感じずにはおれませんでした。

心から感謝です。ありがとうございました。(yuki)