リラックス交流会「ゆ」

 

幸不幸は置いといて、なんとなくぼんやりしていても、

無事に一日を過ごせてしまうのがわたしたちが認識している平和

だったりするのかもしれませんが、今年の夏は大変厳しい現実を

「自然」からつきつけられるようなことが続き。

もう何年も前から、地球にとっては生命力あふれる瞬間に過ぎない

かもしれない呼吸や働きに、私たちは随分耐えがたい痛みを覚えてきました。

傷も癒えぬうちに、次から次へと揺さぶりは止まらず、ことばを知らない子ども

のような地球の激しい運動に、無力感を覚えるばかり。そういった身体的な力と、社会的な

力の狭間で、わたしたちは今をどう過ごすべきなんだろうなどと、ぼんやり思ったり

するのですが、思考も無力。

 

結局、何もできないけれど今は大切なひとたちと、ゆるしあえる時間が過ごせたらいいな。

そんな小さなところから始めることが一番しっくりくるのでした。

 

考えごとが止まらなかったり、うまく眠れなかったり、気ばかりが上がって何も

できなかったり、ヤル気がでなかったり、自信をなくしたり、後悔したり、不安だったり、

怖かったり、ぼんやりしたり、身体カチコチ、そういうのから少しでも離れられたらいいな、と。

 

で、yukiさんと相談し、やろやろ!と決まったのがリラックス交流会「ゆ」でした。

 

インスタ映えするような幸せづくりはできませんが、ふれあいの温かさが存在していた

ような気がします。(ご参加くださったみなさまが

つくってくださったあたたかい場です)

おそらくわたしが一番癒されました(=▽=)。

ふれあい、くらいの温度でだれかと過ごすことが、とても小さなことのように思えても

生きる大きなエネルギーをうみだしてくれたりするのかもしれない。

 

地球のこころとからだにも、そんな風にふれれないものだろうか。。。。。。

今の社会はどうだろう。

 

(一人が好きなわたしには、説得力がないかもしれませんが・・・だからこそテーマかもしれず)

 

今回はみんなでツボをさぐりつつお灸をしたり、してあげたり、してもらったり(委ねたり)、

ごろんとお昼寝したり、お茶をしながらふんわりお話をしたりと、

ゆっくり時間を過ごすことができました。

わたしは、フェルデンクライスメゾットの施術をプレゼントしていただいて、

首が亀のようにびゅーーーんと伸びました。首が長い、左利き?(刃物だけ)、

首の骨が固まっている、など色々自分の知らない自分の首に出会うことができて

面白かったです。なにより気持ちよかった。なまけもののわたしなので、すぐに

首が縮んでしまうかもしれませんが(><)。

 

 

続く猛暑、足を運んでくださり、貴重なお休みを共に過ごしてくださったことに(片付けのご協力まで!)深く感謝申し上げます。また、応援してくださったみなさまにこころより御礼申し上げます。

 

またやりたいです☆

 

(KIKU)